穴の開いてない方のれんこん(仮)
僕、涙の貯金が書くどんよりブログです。 おそらく内定いただくまでどんよりのままです。 最近日差しがきつくってまいっている人にはもってこいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメグさらば宣言
なかなかいい味してるじゃん。
友人から、このブログのお褒めの感想をもらって以来、
良い日記を書かないと!とのプレッシャーで中々書けませんでした。
褒められても、けなされても、できない。
ややこしい性格は辛いです。

わがままですいません。
あけましておめでとうございます。

上のように僕は非常にダメな性格です。
なにがダメって全部ダメです。
自信ないし、消極的で怖がりです。

手がつけられない。
つけられないけど、改善したい。
そんな思いがどこかにあってかなくてかは分かりませんが、先日本屋で最高の本に出会ってしまいました。

「ダメな自分を救う本」
ど真ん中です。
即購入しなければ・・・

でも、これどんな顔でレジに持っていくんだろう・・・僕が持っていくと、
「ほんまにダメっぽいやつが買っていったで。まさにやな」
と後ほど、バイト同士で会話のネタに困った時に持ち出すに違いありません。
辛い。それは避けたい。

①雑誌と雑誌の間に挟んで購入する
カモフラージュバレまくりです。
大判のしっかりした本とペラペラのテレビジョン2冊。ダメな~が本命やん!とさらに会話のネタを与えてしまいます。

②ラッピングしてくださいという。
プレゼントを装います。一見ありそうですが、実際はどうあれ、僕はあまりプレゼント上げるような表情をしていないのでばれてしまいそうです。〈どちらかというと物欲しそうな顔〉
プレゼントが嘘だというのがばれた時の恥ずかしさは①より大きいです。

③携帯で話してるフリをする。
「あったで。」といいながらレジへ直行です。頼まれごと。お使いなのだよ。というオーラを出しての購入です。
ラッピングがないのでレジに留まっている時間は短くてすみますが、何分演技が下手なのと、そのタイミングはいくらなんでも都合よすぎるので高確率でばれてお終いです。
演技してまで欲しいとはあの人かなり必死だよ笑
と嘲笑されてしまいそうです。

僕は必死でした。
どうしてもスマートに手に入れたかったので、その場で考えた以上の作戦をすべて保留にし、
インターネットのサイト、アマゾンにアクセスしました。

そして無事手元に届いた「ダメな自分を救う本」
ほんとに良いです。
なんでこの人〈作者〉こんなに僕のことを知っているんだろう?
「そうそう」とうなずけることだらけでした。

今、結構テンションがあがって来ています。
気分がいい感じがします。〈決して変な意味ではなくて〉
この本で書かれていることを実践して、ほんとに今年の流行語から「ダメだ」を追い払いたいと思います。

目指せ「廃」ダメグカテゴリー!


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。