穴の開いてない方のれんこん(仮)
僕、涙の貯金が書くどんよりブログです。 おそらく内定いただくまでどんよりのままです。 最近日差しがきつくってまいっている人にはもってこいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人は中身だ』と言うけれど。
こんばんわ。

往年のタブーに触れてみたいと思います。
先日『野ブタをプロデュース』の再放送を見ていました。

何回目か知らないですけど、これおもしろい。
生で見とけばよかった。

僕が見たのは、主人公の野ブタが放送部に入る回と、同じく主人公のしゅうじがいじめの標的になる回です。
野ブタ役のほりきたまきちゃんはかわいいし、かめなしくんはとてもハンサムです。

そこでふと、思いました。「あれ?やっぱ顔じゃないか!」

ドラマの筋はいじめられっこの野ブタを俺たちの手で(しゅうじとあきらで)みんなの人気ものにしていこうというタイトル通りの分かりやすいものだと思うんですが、
問題はなぜプロデュースする気になったかということです。

おもしろそうだから、かわいそうだから。
一杯理由があると思います。
しかし、やるからにはなんらかの自信がしゅうじとあきらの中になくてはならないと思います。
彼らはなにかに追われていて忙しいのに。よっぽどのモノが無い限り、プロデュースにまで手をつける時間は無いと思います。

たとえば、大変失礼ですが、世間で公認されているので引用します。
野ブタ役が、ハリセンボンの眼鏡の方だったらどうでしょう。

プロデュースする気になりますか?
人気者に仕立てるのは相当難しいと思います。
今、あの人に人気があるのはあの明るさがあるから。
野ブタみたいな暗い感じだとそこには相当の壁があると思います。
テリー伊藤でも無理でしょう。

彼らは気づき、魅かれたのです。
野ブタの顔をよく見て、「これなら俺らでもいけるぜ。」
とその壁の低さ、薄さに内心ほくそえんだのです。
基礎がきちんとしているから立てるのはたわいもないこと。

ちょいちょいと手を加えて、さぁどうだと言っているのです。

ドラマは大変おもしろいのですが、野ブタ役を変えても、同じのができるのか?
と終始疑問に感じてしまいます。
(いやな感じで続く。)

ミスタードーナツのCMも同じように見えてしまいます。
たまきひろしとあいぶさきのCMです。
現在はたまきひろしが保育士のバージョンが流れているアレです。

そのおそらく2作品目。
あいぶさきがコーヒーを飲みながら散策中、河原で野球をする少年を激写しているたまきひろしを目にする。というもの。

これにも物凄く思います。「あれ?やっぱ顔じゃないか!」
カメラをぶら下げる姿。
おそらくある程度の容貌でないとNG率が高くなると思います。
たまきひろしがカメラをぶら下げ街歩きをしているのはOK。
では、そうでない方がカメラをぶら下げウロウロしていたらどうでしょう。

例えば、これも失礼ですが引用です。
ほんこんさんだったらどうでしょう。
芸能人のほんこんさんを考えないで下さい。一般人として想像してみてください。
カメラをぶら下げていると僕としてはなにか違和感があります。

それでなにをとんねや。
職務質問されるかもしれません。

なにを言おうが、世の中見た目で決まるようになっていると思います。

残念な話、僕は生涯2度ほどほんこんさんに似ていると言われたことがあります。
一度目は小学生の時。当時、僕はごっつええ感じに疎かったのでほんこんって何?って感じでした。しばらくたって分かった時、「アチャー」と思いました。
二度目は高校生の時。坊主にした時です。
○○くんほんこんさんみたいやな。
香港産ってなに?
小学生時のいやな記憶がすっかり抜け落ちていた僕はほんこんさん=あの人という図式が簡単に成立しませんでした。
ちょっと間をあけてリアクションをしたと思います。
スポンサーサイト
○○会
こんばんわ。

忘年会の季節です。
この時期よく思うこと。

「~会という飲み会が頻繁に入っている人羨ましい。」

僕はもう暮れなのに、シーズンなのに忘年会の予定がまったくないです。
携帯メールの着信があるたびに期待するのですが、限って、よくわからない業者からの連絡です。
毎日受信されるのでホント鬱陶しい。
ぽいたんってなんだろう?どこで入会してしまったんだろう?
解約の仕方を教えて欲しいです。

人生守りに入るな攻めろ攻めろ。
意識改革で、自分から忘年会の企画をやればいいんじゃない。とふと思い立つこともあるのですが、コレが中々難しい。

御店に予約したり、日程調整したり、そんな事務的な作業は比較的そつなくこなせます。「幹事やってくれ」言われてやったことも何回かあります。(すいません。2,3回です。見栄張りました。)

じゃ、なぜ主催(きっかけ者)になれないのか?

理由は一つです。
主催者でうくの滅法恥ずかしい。
(※うくとは?・場になじめないこと。蚊帳の外ということ。)

自分が主催するのだから、きっかけ者は本当にそういう、集まってわいわいする会が好きだ。ということになります。
僕も本当はそいうのが好きなほうです。

そして、そういうのが大好きだから会を企画した。と、周りのメンバーから思われるわけです。
そんなきっかけ者が浮いているところを想像してください。

・・・・
やるせない気持ちになると思います。
仕方が無いから、話に加えてやろうって気になると思います。
ひどいと、始めの乾杯の音頭と料金徴収、締めの挨拶のみがその日すべての発言ってこともあると思います。
・・・・

この状況が一番辛く恥ずかしいです。
主催者なのにうく。
この恐怖を克服できない限り、僕は一生主催者にはなれないような気がします。

(参加してうくのは全然耐えれます。主催じゃないから。)
とりあえず、一旦過去記事を下書きにします。

運転時のアイポッド
・・・タイトル変更が一歩遅かったんでしょうか。

今度はサイトを移して更新する可能性もでてきました。
しばらくは様子をみよう。

もう、自由にやります。
スーパーマーケットとかけまして、おでことときます。
そのココロは?
広ければ良いってもんじゃない。でも、心は広い方がいいです。

最近買ったアイポッドで落語やら音楽やらを聴いています。

以前は外で音楽を聴かなかったのですが、一変しました。
聞きまくりです。
イヤホンを外して、「え、なに?」と相手の発言を聞き返すのに快感を覚える症状初期の時期です。(恐らく誰もが通る道です。)

このアイポッドがきっかけで先日、事故してしまいました。

病院の帰り。
僕は調子に乗って、耳にイヤホン、その上からフルフェイスのヘルメットを被り、音量を最大にしました。
かける曲は、「手の上下を単純に繰り返す単調な振り付けがもの凄く嫌だ。しかも2人とも。」という理由から避けていたケミストリーです。
ケミストリーとの和解の詳細は別の機会に書くとして、今では本当に好きです。

うろ覚えですが恋するカレンがかかっていたと思います。
フルフェイスは外と遮断されている魅惑の空間です。
もちろん、声を出して歌ってしまいます。

その時も声に出して歌い、のりにのっていました。
見えなかった。前の車が止まるのが。

一直線の道なので左に避けようかと考えたのですが、路肩には車がとめてあります。
オマケに僕の原付のブレーキはすこぶる弱い。急停止にむきません。
僕はそのまま成すすべなく、前のタクシーに当たってしまいました。

天国から地獄です。
さっきまで調子のって歌っていたのがすごく恥ずかしい。

おっちゃんが出てきて、
「とりあえず左寄ろう。」と言います。
字面だけなら、怒ってませんが、もの凄く怖かったです。
修羅場をくぐっていない僕は足がガクガクでした。
「ハイ・・すいませんでした。」とだけしか返事できませんでした。

「ぶつかったとこはどこ?」
「この後ろの部分です。(タイヤのカバーあたり。)」
おっちゃんは後ろを丹念に調べますがどうやらキズはついていないようです。ぶつかったのは、僕の原付の薄いカバー部分だったので実際キズはなかったです。
曰く、うちは個人だからキズもついてないし今回は咎めないがこれが法人だったら7万くらいは取られるぞ。以後は気をつけなさい。と。

あ~。さっきまであんな怖い怖いと思っていたおっちゃんがなんともやさしい、後光がさして見えるではありませんか。
最後に「気をつけて運転するんやで」と颯爽と去っていきました。
僕はその背中に「すいませんでした。ありがとうございます。」としか言えませんでした。

アイポッドがすごく憎かった。お前さえいなければ!
「昨日の敵は今日の友」ならぬ、「昨日の友が今日の敵」です。

・・・物のせいはダメ。おっちゃんがぶつかったことを咎めなかったように、僕もアイポッドのせいにせず、広い心で使いこなしたいです。

運転時の音量は控えめに。あと歌と。
タイトルへんこん
一時的にブログのタイトルを変更しました。
仮です。
またすぐ戻すと思います。
ありがとうと言われると・・・
日本語ほどありがとうに対する返事に窮する言語は無いと思います。

英語だったらユアウエルカム。
フランス語はよくわからん。
中国語もよくわからん。
イタリア語も、スワヒリ語もわからん。

とにかく、ユアウエルカムに該当するような返事が外国語ではもっとしやすいはずです。

たとえば、落ちているハンケチーフを拾ってあげるとします。
当然落とし主は「ありがとう」と言うはずです。
まぁ、そこまでいかなくても、「すいません」くらいは言うでしょう。

僕はすいません派なので恐らく後者です。感謝の意を込めた「すいません」です。
僕はこの感謝の意にどうやって返事をするか困ることが多々あります。

「どういたしまして。」ユアウエルカムに該当するもっともポピュラーな日本語です。でも、これを耳にする機会はあまりないです。
実際僕もあまり使いません。使えません。

使えない?なぜなんでしょう。

金持ちの紳士淑女、紳士紳士でも淑女淑女でも可。
が、ハンカチーフを落としたと考えてみます。

紳士「ハンカチ落ちましたよ。」
淑女「これはどうも、ありがとう」
紳士「どういたしまして」

しっくりきますね~。鼻の下でカールしている口ひげを触りながらの「どういたしまして。」完璧です。非の打ちようが無い。

一般人が先のやり取りをするとどうなるでしょうか。

普通のおっさん「はんかち落ちたで。」
普通のおばさん「あらあら、ありがとう」
普通のおっさん「どういたしまして。」

似合わない。どの口がそんなこと言うんだ!おっさんの鼻の下にカールの髭もなければ、大前提、おばさんはハンカチもってるんか!って感じです。

そうです。どういたしましては上流階級の言葉だったのです。
じゃあ、僕、一般市民はありがとうに対してどう答えるべきなのでしょうか・・・

一番ベストなのは、ありがとうとオウム返しすることなのでは?と思います。
ありがとうと言ってくれたそんなあなたにありがとう。
タワラマチ風ですが、そんなニュアンスで。
でもこれだと、
普通のおっさん「ハンカチ落ちたで。」
普通のおばさん「あらあら、ありがとう」
普通のおっさん「(ありがとうと言ってくれたそんなあなたに)ありがとう」
普通のおばさん「(ありがとうと言ってくれたそんなあなたに)ありがとう」
普通のおっさん「(ありがとうと言ってくれたそんなあなたに)ありがとう」
以下ループ。(※これは宗教とかじゃないです。)
ね、めっちゃ大変。いつまで経っても買い物行かれへんし、おっさんは仕事にはいけないのでますます貧しくなっちゃいます。ことの発端がモメンのはんかちってことも忘れるでしょう。
不都合極まりない。

ということで、今後、もし、ネタに困れば、「どういたしまして」に代わる、ありがとうに対する最高にしっくりくる返し言葉とか対応を考えていきたいと思います。
祝ドラクエ3クリア
よそおいを新たに再スタート。
テンプレートを慣れ親しんだ茶色から改めました。
さわやかです。

書くネタ無くて困っていた日が懐かしい。

おとといドラクエゴンクエスト3をクリアしました。

1ヶ月ほど前にゲームボーイカラー緑を格安の1980円で手に入れ、ドラクエ3を友人から貸してもらっていました。
本体購入して3、4日後に別のショップでゲームボーイカラーがさらに格安の500円で売られているのを目にしたショックを振り払いつつ進めていたドラクエ。

1480円分の差がクリアの喜びによって埋められたかというと、まったくそんなことがない。越した(クリアした)な~という感じだけはしましたが。
なんでこんな無感動になってしまったんだろう。
大魔王を倒して、闇の世界に光をもたらしたんだぞ。
もっと喜べよ自分。
主人公の名前が自分の名前ではないから喜べないんでしょうか?
「ああああ」平仮名四文字適当名前じゃ感動できないようにプログラミングされているのでしょうか?

いやなによりエンディングのこんだけ感、費やした時間相応のものが自分に残ったのか?という疑問からだと思います。。
主人公の「ああああ」他3人はいいです。レベルが上がって。
つよさとかかしこさとかあがっちゃって。
ゴールドたんまりうはうはです。ロトとか称号もらっちゃって。

その点僕が手にいれたものはなんでしょう。
百歩譲って-1480円は僕のせいとして、疲れ目と首痛。受験勉強中の妹の冷ややかな目つき。その妹から受けたニートという称号。
無くしたものの方が多かったと思います。

友人曰く。
「ロールプレインゲームやっているとふと虚無感を感じることがある。なんでこんなレベルあげやっているんだろう。自分のレベルもあげずに・・・」

核心をついていると思います。
でもやっている時はホントおもしろいんだよな~。
今まで10のダメージしか与えられなかったのが15与えられるようになったとか、炎のブーメラン手に入れたとか。新しい魔法覚えたとか。

無くすものがおおいといいつつもう次やるゲームを探し始めています。
ニンテンドーDSも買ってしまったし。。。

今テレビで松坂がファンにメッセージを残しているシーンをやっていました。
西武に入団して8年らしいです。
8年間で彼はメジャー。たいしたものです。
僕は8年前も今も同じ感じです。
更新宣言
4ヶ月ぶりの更新です。

入院とかホームステイとかじゃないのに。
ましてや長期出張などでも無い。

最終更新の7月あたりから1ヶ月半くらいやったテレフォンアポインターのバイトが僕にとってはとても精神的時間的に大変でブログに触れませんでした。

そこからズルズル。今に至ります。

挨拶もなしで参加するのを辞めてしまった大喜利企画なんかもありそうでそういうことも含め後ろめたくて中々再開しずらかったです。

4ヶ月も空いてしまうと、出不精の僕でも色々書きたいことがたまるようで、ここにブログカムバックすることを宣言します。

カズシゲが巨人カムバック宣言をするのと同じくらい「誰も待ってない」感があると思いますが、
文章下手を直すという目標をうっすらと念頭におきつつ更新して行きたいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。