穴の開いてない方のれんこん(仮)
僕、涙の貯金が書くどんよりブログです。 おそらく内定いただくまでどんよりのままです。 最近日差しがきつくってまいっている人にはもってこいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年半ぶり?の登板です。アップで肩パンパンです。
どうもこんばんわ。涙の貯金です。

約一年半ぶりにブログを見ました。
結構良く書けているなぁと感じました。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
ダメグさらば宣言
なかなかいい味してるじゃん。
友人から、このブログのお褒めの感想をもらって以来、
良い日記を書かないと!とのプレッシャーで中々書けませんでした。
褒められても、けなされても、できない。
ややこしい性格は辛いです。

わがままですいません。
あけましておめでとうございます。

上のように僕は非常にダメな性格です。
なにがダメって全部ダメです。
自信ないし、消極的で怖がりです。

手がつけられない。
つけられないけど、改善したい。
そんな思いがどこかにあってかなくてかは分かりませんが、先日本屋で最高の本に出会ってしまいました。

「ダメな自分を救う本」
ど真ん中です。
即購入しなければ・・・

でも、これどんな顔でレジに持っていくんだろう・・・僕が持っていくと、
「ほんまにダメっぽいやつが買っていったで。まさにやな」
と後ほど、バイト同士で会話のネタに困った時に持ち出すに違いありません。
辛い。それは避けたい。

①雑誌と雑誌の間に挟んで購入する
カモフラージュバレまくりです。
大判のしっかりした本とペラペラのテレビジョン2冊。ダメな~が本命やん!とさらに会話のネタを与えてしまいます。

②ラッピングしてくださいという。
プレゼントを装います。一見ありそうですが、実際はどうあれ、僕はあまりプレゼント上げるような表情をしていないのでばれてしまいそうです。〈どちらかというと物欲しそうな顔〉
プレゼントが嘘だというのがばれた時の恥ずかしさは①より大きいです。

③携帯で話してるフリをする。
「あったで。」といいながらレジへ直行です。頼まれごと。お使いなのだよ。というオーラを出しての購入です。
ラッピングがないのでレジに留まっている時間は短くてすみますが、何分演技が下手なのと、そのタイミングはいくらなんでも都合よすぎるので高確率でばれてお終いです。
演技してまで欲しいとはあの人かなり必死だよ笑
と嘲笑されてしまいそうです。

僕は必死でした。
どうしてもスマートに手に入れたかったので、その場で考えた以上の作戦をすべて保留にし、
インターネットのサイト、アマゾンにアクセスしました。

そして無事手元に届いた「ダメな自分を救う本」
ほんとに良いです。
なんでこの人〈作者〉こんなに僕のことを知っているんだろう?
「そうそう」とうなずけることだらけでした。

今、結構テンションがあがって来ています。
気分がいい感じがします。〈決して変な意味ではなくて〉
この本で書かれていることを実践して、ほんとに今年の流行語から「ダメだ」を追い払いたいと思います。

目指せ「廃」ダメグカテゴリー!


テーマ:日記 - ジャンル:日記

イブ!!
こんばんわ
メリークリスマス!!

昨日はイブです。
めっちゃロマンチックでした。響きが。

何かの参考までに僕のイブの過ごし方を乗せておきましょう。
未来の自分へ。。。これよりだめだめ〈M-1以外〉なイブはやめましょう。

9:00 起床。妹が部屋の掃除をしている音で目が覚めました。
先週一杯休み無くバイトが入っていたのでもう少しゆっくりしたかった。

10:00 掃除のうるささと、空気の悪さに辟易。バイト代今月少し多いしゲームでも買おうと原チャで出発。 

12:30 古本市場やジョーシンなどを周り「もっと脳を鍛える」と
「お料理ナビ」を買って帰る。全然ゲームぽっくない。当分ウイイレやりそうです。

13:30 Mー1の予習番組が15:30からやるのを確認。「それまで寝るから、起こして。」 と妹に頼んでねる。

18:00 起床、予習番組見逃す。フットボールアワーはなんで二回目なのか?とか疑問を残して、Mー1が始まるのを待つ。

18:30 開始。今日一番テンションが高い。麒麟のネタを見て、王者になって欲しいと思う。トータルテンボ?ポ?スのネタも好き。チュートリアルの漫才が少しわからない。去年と同じくわからない。会場も審査員も受けているので、置いてけぼり感が強い。

21:00 あれ~。優勝しちゃったよ~。お笑い新時代だ!麒麟を応援していたのでちょっと悔しい。福田がちょっとかっこよくなってる。
笑い飯に決勝にでて欲しかった。

21:00以降 過去のMー1を見たくてビデオを引っ張り出す。2003年のフット面白い!が、アンタッチャブルそれ以上に面白いダントツだ。後4回は同じネタで爆笑できる。2002年のフットも面白い。ますだおかだは2002年、10年目じゃなかったら負けていたかも。。笑い飯はのびのびしてて好きです。緊張してるんだか、してないんだかかっこいい。2002年の審査員、だんしの態度はありえない。

23:00 見終わる。ウイイレ開始。ガラタサライ〈マイチーム〉がランキングトップになる。ロナウジーニョとアドリアーノが調子いい。

1:00 終了。イブらしさといえば、新しく買った「お料理ナビ」でシェフが「キョウハクリスマスデス。クリスマストイエバローストチキンデス」みたいなことを言っていたことくらい。

これはひどい。M1があるからまだ良かったけど、なかったらどん底でした。昨日の僕を引っ叩きたい。
スタート位置が違うんだ。
こんばんわ。

波線グラフの底の方。
気分的にそんな感じです。
おそらくきっかけは一週間くらい前の夜。
電車の窓に映った自分の顔面を見た時から。

だから電車は嫌いや。
たまにあります。こういう時期が。定期的にやってくる。
もうなんとも言えんのです。
こんなものをつけて外歩いてんのか!みたいな感じです。

元々はそんな感じじゃなかったんですが、ここ7、8年でしょうか。
ひどくなってます。

小学校の時ほんこんさんに似ていると言われたことがあります。
当時、僕はダウンタウンっ子ではなかったので、ごっつを見ていませんでした。
ですので、別段気にはなりませんでした。BUT AFTER、確認してみてちょっと驚きましたが。

高校生の時も一回あります。坊主にしたときほんこんさんに似ているという評価をいただきました。もう、言葉がわかる年頃だったのでショックでしたよ。デジャブかよ!見たいな感じで。

年々似てきてる気がします。で、自分で考えてみました。
ひょっとして、ほんこんさんの息子なんじゃ・・・

嘘です。
ひょっとして、ほんこんさんのイメージが僕の頭にやきつき過ぎているのでは。
そうです。
イメージがやきついて、表面化してきたのがいまの僕の顔面では?という軽い現実逃避です。

吉本超合金時代、(うろ覚えですが)フジモンが「顔、岩」という自虐ギャグをやっていたのが妙に頭にこびりついていて、ひょっとしたら自分もそうなんじゃないかな?と思っていました。
思い続けたら、今こんな感じです。

ということは・・・「それは嫌だなと思う人に似てしまう。」(逆に似てるから嫌なのかも。これでは対策の取り用がないです。)傾向にあると思います。

今日からは男前芸人をテレビで見たら、絶対にこんなんになりたくない。と思うことにしてみます。



『人は中身だ』と言うけれど。
こんばんわ。

往年のタブーに触れてみたいと思います。
先日『野ブタをプロデュース』の再放送を見ていました。

何回目か知らないですけど、これおもしろい。
生で見とけばよかった。

僕が見たのは、主人公の野ブタが放送部に入る回と、同じく主人公のしゅうじがいじめの標的になる回です。
野ブタ役のほりきたまきちゃんはかわいいし、かめなしくんはとてもハンサムです。

そこでふと、思いました。「あれ?やっぱ顔じゃないか!」

ドラマの筋はいじめられっこの野ブタを俺たちの手で(しゅうじとあきらで)みんなの人気ものにしていこうというタイトル通りの分かりやすいものだと思うんですが、
問題はなぜプロデュースする気になったかということです。

おもしろそうだから、かわいそうだから。
一杯理由があると思います。
しかし、やるからにはなんらかの自信がしゅうじとあきらの中になくてはならないと思います。
彼らはなにかに追われていて忙しいのに。よっぽどのモノが無い限り、プロデュースにまで手をつける時間は無いと思います。

たとえば、大変失礼ですが、世間で公認されているので引用します。
野ブタ役が、ハリセンボンの眼鏡の方だったらどうでしょう。

プロデュースする気になりますか?
人気者に仕立てるのは相当難しいと思います。
今、あの人に人気があるのはあの明るさがあるから。
野ブタみたいな暗い感じだとそこには相当の壁があると思います。
テリー伊藤でも無理でしょう。

彼らは気づき、魅かれたのです。
野ブタの顔をよく見て、「これなら俺らでもいけるぜ。」
とその壁の低さ、薄さに内心ほくそえんだのです。
基礎がきちんとしているから立てるのはたわいもないこと。

ちょいちょいと手を加えて、さぁどうだと言っているのです。

ドラマは大変おもしろいのですが、野ブタ役を変えても、同じのができるのか?
と終始疑問に感じてしまいます。
(いやな感じで続く。)

ミスタードーナツのCMも同じように見えてしまいます。
たまきひろしとあいぶさきのCMです。
現在はたまきひろしが保育士のバージョンが流れているアレです。

そのおそらく2作品目。
あいぶさきがコーヒーを飲みながら散策中、河原で野球をする少年を激写しているたまきひろしを目にする。というもの。

これにも物凄く思います。「あれ?やっぱ顔じゃないか!」
カメラをぶら下げる姿。
おそらくある程度の容貌でないとNG率が高くなると思います。
たまきひろしがカメラをぶら下げ街歩きをしているのはOK。
では、そうでない方がカメラをぶら下げウロウロしていたらどうでしょう。

例えば、これも失礼ですが引用です。
ほんこんさんだったらどうでしょう。
芸能人のほんこんさんを考えないで下さい。一般人として想像してみてください。
カメラをぶら下げていると僕としてはなにか違和感があります。

それでなにをとんねや。
職務質問されるかもしれません。

なにを言おうが、世の中見た目で決まるようになっていると思います。

残念な話、僕は生涯2度ほどほんこんさんに似ていると言われたことがあります。
一度目は小学生の時。当時、僕はごっつええ感じに疎かったのでほんこんって何?って感じでした。しばらくたって分かった時、「アチャー」と思いました。
二度目は高校生の時。坊主にした時です。
○○くんほんこんさんみたいやな。
香港産ってなに?
小学生時のいやな記憶がすっかり抜け落ちていた僕はほんこんさん=あの人という図式が簡単に成立しませんでした。
ちょっと間をあけてリアクションをしたと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。